HOME>オススメ情報>ペットの髄膜腫と髄膜腫の一般的な症状について

ペットの髄膜腫について

髄膜種は悪性のものもありますが、ほとんどの場合が良性で、ペットの脳腫瘍においては一般的なものとなります。

ペットの髄膜腫の症状

  • 嗜好や性格、トイレなどの生活習慣が変化する
  • 後肢や前肢にふらつきが見られる
  • 一定方向への回転運動や徘徊行動
  • 重症化すると視覚や聴覚の消失が起こる
  • 意識の低下や発作などの症状が現れる
  • 脳神経の障害や呼吸・心機能の異常
  • 食欲不振、元気消失など非特異的な症状
  • 意識を保ったまま部分的に痙攣を起こす
  • 重症化すると長時間連続する痙攣発作
  • 巨大化すると昏睡状態・脳ヘルニア

脳の疾患を知る

医者

脳腫瘍は、CTやMRIなどによって見つかることがありますが、髄膜腫は症状が感じられない状態で発見される場合があります。男性よりは女性に多くあり、脳の神経を圧迫しておらず大きくならない場合には、ただちに治療することはありません。しかし、ふらつきや立ちくらみ、けいれんなどがあったり気になる神経障害があれば、正しく治療することが必要です。髄膜腫が見つかったなら、主治医の診察を受けて治療に専念すれば、たいていは完治しますが、まれに手術が難しい場所にあると命に関わりますから、注意することは必要です。髄膜腫は薬がありませんので、治療には手術や放射線療法などを行いますから、入院して安静に過ごすことが求められます。

良性と悪性があります

診察

脳の疾患の髄膜腫には良性と悪性がありますので、診断によって、手術や放射線療法の必要性が変わってきます。現代の医学では、細かな情報が得られますから、適した治療方法を選択することが可能ですし、自分でも症状を把握することはできます。

広告募集中