HOME>トピックス>脳の外側にある髄膜の腫瘍と治療をするための方法

脳の外側に発症する症状

入院患者

髄膜腫は脳の症状です。脳の外側は髄膜に覆われていますが、この髄膜にできる腫瘍のことを髄膜腫と言います。髄膜ができても必ずしも健康に影響が出るとは限らず、その多くが良性のものです。良性の腫瘍は急激に堆積が増加するようなことはあまりなく、時間をかけてゆっくりと増大していく傾向があります。そのために、髄膜腫ができてもあわてて切除しなくても良い場合も多いです。気になる場合には専門の医師に相談することもできます。

成長するのが速いタイプの腫瘍

脳のレントゲン

その一方で、髄膜腫の中でも悪性のものは、早期の対応が必要になります。悪性ではなくても、髄膜腫の中には体積が増大するスピードが速いタイプのものもあり、こうした髄膜腫が発症した場合にも、医師に相談した方が良い場合があります。

治療のための方法

髄膜腫が体に悪い影響を与えている場合には、何らかの方法により除去する必要があります。一般的におこなわれている方法の一つが手術による除去です。腫瘍ができている部分を切除することにより取り除く方法で、腫瘍を全て切除することができれば、症状を改善することが可能です。放射線を使用した方法により治療がおこなわれることもあり、脳の中でも切除するのが難しい部分に腫瘍ができた場合におこなわれている治療法です。

広告募集中